ワンクリック市場分析不動産業務をサポート。

取引時の水害リスクの説明にも対応

​水害ハザードマップ機能を追加しました。

国土交通省は、2020年8月28日から宅地建物取引業者に対し、取引時の水害リスクの説明を義務化することを決定いたしました。

これを受け、リーウェイズでは、ワンクリック市場分析ツール「Gate. Market Survey」に水害ハザードマップの情報を追加いたしました。

こんなお悩みございませんか?

エリア情報の収集に

時間がかかる

​データを根拠にした説得力のある営業ができない

​同業他社も多く他社との差別化が図れない

そのお悩み、Gate.Market Surveyが全て解決いたします。

​特徴

30種類以上の分析項目

人口の統計情報・賃料相場・3年先までの建築情報・ハザード情報等、投資家様やオーナー様への提案に必要な情報を網羅

​グラフィカルなレポート印刷

駅名または住所を入力後、1クリックで提案資料を作成可能。

​簡単にビジュアルの整った資料を出力できます!

​特徴2

ユーザーのニーズを細やかに反映

サブリース新法や、宅地建物取引業者に対する取引時の水害リスクの説明の義務化など、各種法令改正を適宜反映することで、お客様の業務の変化に細かく対応いたします。

​特徴3

資料作成に割いていた時間を​営業活動に。

TOPICS

2020/08/28 水害ハザードマップ機能をリリースしました。

2019/11/13 建築未来図の機能をリリースしました。

よくある質問

Gate. Market Surveyの質問例になります。

Q

動作環境、推奨環境はありますか?

A

ブラウザはGoogle Chromeを推奨しています。

※上記以外のブラウザでご利用頂く場合、画面や印刷に不具合が発生する場合がございます。

Q

査定の対象地域はどこですか?

A

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・大阪府・京都府​・愛知県・兵庫県・福岡県です。

※上記エリアでも、データ数の少ない地域はご利用頂けない場合がございます。

Q

データの収集元はどこですか?

A

​国勢調査、経済センサス、国土交通省国土技術政策総合研究所、当社独自収集の不動産データ等から作成しています。

導入企業一覧

不動産会社140社以上、金融機関10社以上で導入

少数精鋭の会社から大企業まで幅広くご利用いただいております​。

リーウェイズ株式会社

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-12

ベルデ青山ビル5階

  • Youtube
  • Twitter
  • Facebook
不動産投資 ai
不動産投資 ai

© 2020 LEEWAYS Inc.